おばこうの2馬力日記スタッフブログ

おばこうの2馬力日記(14日目)

お盆休み釣行2日目は温帯低気圧の影響でなかなか荒れていました。この日の同船者は友人のゲソくん。彼が八郎潟に来ると決まって荒れたコンディションとなりますが、安定感抜群のウィザード パント330に乗ってもらって西部承水路を案内しました。
エレキを踏んだことのないゲソくんでしたので、風裏で練習してもらいました。感覚を掴むのが難しいようでしたが次第に上達。このまま操船しながら1本釣ってもらおうと思いましたが、風がさらに強まってきて白波も立ち始めたので安全を考慮してこの日は早上がり。残念ながらノーフィッシュで終了しました。
この日の朝は雨が強く、ボート内にも大量の雨水が溜まっていましたが、ビルジポンプが搭載されているので水抜き作業で苦しむこともありませんでした!何気にこのボートの気に入っているポイントでもあります。さらに、この日のような風の強い日には、ルアーの結び変え作業中などでリップラップ側に流されて行って着岸することもあります。着岸した時にLOWRANCE魚探の振動子が傷つかないようにこのようなガードを付けています。
左上の大きい方がHOOK REVEAL、右下の小さい方がHOOK2の振動子です。振動子の大きさに応じてガードの大きさも変わっています。大切な魚探のトラブルを防ぐので、とてもありがたいアタッチメントです!
着岸した時の便利グッズとしては、WOLFISH BOATSの池田さんお手製のプッシュポール『脱出棒』も個人的にかなり気に入っています!棒の先端をリップラップやアシの根っこにグーッと押し付ければ、トローリングモーターのプロペラがぶつからない水深まで船首を振ることが出来ます。
…荒れて強制終了となった日ではありましたが、対応力というものがどれほど大切かという勉強にもなったので収穫有りの釣行となりました。ゲソくん、半日お疲れさまでした!

「いいね!」で
最新情報をお届け!