7月31日までライブウェルの使用はお控えください。

今年も【エンジョイフィッシング】期間が始まります!

期間:4月29日~7月31日まで

東北に位置する八郎潟では春の訪れが関西や関東に比べて1か月程遅いです。

春は魚の産卵のシーズンで八郎潟の魚たち保護の観点から4月29日~7月31日までの期間はライブウェルを使用をお控え頂くようお願いいたします。

期間中につきましてはシェルターマリンのレンタルボートのライブウェルは使えません。マイボートで釣りをされるアングラーの方はキャッチした魚をライブウェルに入れる行為を自粛して頂くようお願いいたします。

なんで?とお考えのアングラーさまもいらしゃると思いますので八郎潟における魚たちの産卵についてご説明させて頂きます。

【5月】

春の訪れが遅い八郎潟では毎年5月くらいから本格的なスポーニングシーズン(産卵期)に入ります。

この期間中は産卵床(スポーニングベッド)が浅瀬を中心にでき始めます。この時期にキャッチした魚を持ち帰ってしまうとせっかく産卵に入る、もしくは入りかけている個体の産卵を阻害してしまいます。

【6月】

この期間について異論を唱える方は少ないと思います。いわゆるミッドスポーンの期間にあたり魚はペアリングした後、産卵床(スポーニングベッド)で産卵をしてオスがベッドで卵を守っている様態となります。この期間にキャッチした魚をライブウェルにいれてしまうと卵を守る行為ができずせっかく産卵した卵が死卵になってしまったり他の魚に食べられてしまうリスクが非常に高くなってしまいます。

【7月】

梅雨明けとともに初夏が訪れます。関西や関東ですと多くの魚の状態は主にポストスポーニング(アフター)となります。地域やエリアによってはライブウェルの使用を開始する方も見られますが、先に書い八郎潟は春の訪れが遅い分、1か月程産卵の開始が遅いです。まだまだライブウェル使用はお控え頂きたい期間です。この期間は卵から生まれた稚魚(フライ)をオスが見守っている期間となります。この状態の魚をキャッチしてライブウェルに入れてしまうと生まれたばかりの稚魚たちを守るオスがいなくなり他の魚に食べられてしまう事が予測されます。

【ボートで釣りをされるアングラーさまへのお願い】

エンジョイフィッシング期間はシーズン中でもっとも魚をイージーキャッチしやすい期間でもあります。この期間は釣った魚をさ(食用でない魚を検量や記録の為に)持ち帰ったりせずに純粋に釣りを楽しんで頂きたいと考えています。キャッチした魚もはできるだけ早く湖に返してあげてください。湖上での写真撮影についても手短にお願いいたします。(キャッチからリリースまで30秒くらいで済ませてください。)末永く八郎潟で釣りを楽しんでもらう為のマナーと考え皆様に協力していただけるようお願いしております。

 

シェルターマリン

島村勝也

「白鳥稔一&高橋雄太の華麗なるバスフィッシング」ミニ四駆トーナメント編vol.30

桧原湖にあるペンション「Urappo Base」さんで開催されたミニ四駆大会に参加してきました!

八郎潟と同様に現在冬季オフリミット中の檜原湖。そんななか、裏磐梯のペンション「ウラッポベース」さんでミニ四駆の大会が開催されるという情報を聞きつけ当マリーナでもお馴染みJBマスターズシリーズに参戦中の白鳥稔一プロと当マリーナ会員の遠征型東北バスアングラーの高橋雄太さん、そして店主の私の3名がサクッとミニ四駆の大会に参加してみました。

冬季の檜原湖はとてもキレイでとても寒いのですがペンション「ウラッポベース」さんの屋内はポカポカ!大の大人7名とチビッ子1名と高校受験を目前にした少年の計9名でそれはもう、アツい戦いが繰り広げられました。

 

Urappo Base【公式HP】 https://urappo.com/

#UrappoBase

#裏磐梯

#桧原湖

#ミニ四駆

#池田守の華麗なるバスフィッシング

#シェルターマリン

#westside2023

#wolfishbotas

#八郎潟西部承水路

#スワンガイドサービス

#白鳥稔一

#高橋雄太

一部を表示

冬の八郎潟オフリミット編「池田守と白鳥稔一の華麗なるバスフィッシングVOL.29」

2022年12月の中旬、八郎潟も雪が積もりいよいよ冬本番となりました。オフリミットとなったシェルターマリンですが、ピットの中では色々なプロジェクトが進行中です。 今回はそんなピット内の様子を池田さんと白鳥プロが紹介してくれました。

#池田守と白鳥稔一の華麗なるバスフィッシング

#シェルターマリン

#westside2022

#wolfishbotas

#八郎潟西部承水路

#スワンガイドサービス

#白鳥稔一

#池田守

#冬の八郎潟

生存確認編「池田守と白鳥稔一の華麗なるバスフィッシングVOL.28」

オフリミットとなったシェルターマリンのオフィスに白鳥プロが遊びに来てくれました。
生存確認の報告も兼ねて、お二人に今のシーズンの過ごし方などを聞いてみました。

#池田守と白鳥稔一の華麗なるバスフィッシング
#シェルターマリン
#westside2022
#wolfishbotas
#八郎潟西部承水路
#スワンガイドサービス
#白鳥稔一
#池田守
#冬の八郎潟

1 2 3 162