7月31日までライブウェルの使用はお控えください。

今年も【エンジョイフィッシング】期間が始まります!

期間:4月29日~7月31日まで

東北に位置する八郎潟では春の訪れが関西や関東に比べて1か月程遅いです。

春は魚の産卵のシーズンで八郎潟の魚たち保護の観点から4月29日~7月31日までの期間はライブウェルを使用をお控え頂くようお願いいたします。

期間中につきましてはシェルターマリンのレンタルボートのライブウェルは使えません。マイボートで釣りをされるアングラーの方はキャッチした魚をライブウェルに入れる行為を自粛して頂くようお願いいたします。

なんで?とお考えのアングラーさまもいらしゃると思いますので八郎潟における魚たちの産卵についてご説明させて頂きます。

【5月】

春の訪れが遅い八郎潟では毎年5月くらいから本格的なスポーニングシーズン(産卵期)に入ります。

この期間中は産卵床(スポーニングベッド)が浅瀬を中心にでき始めます。この時期にキャッチした魚を持ち帰ってしまうとせっかく産卵に入る、もしくは入りかけている個体の産卵を阻害してしまいます。

【6月】

この期間について異論を唱える方は少ないと思います。いわゆるミッドスポーンの期間にあたり魚はペアリングした後、産卵床(スポーニングベッド)で産卵をしてオスがベッドで卵を守っている様態となります。この期間にキャッチした魚をライブウェルにいれてしまうと卵を守る行為ができずせっかく産卵した卵が死卵になってしまったり他の魚に食べられてしまうリスクが非常に高くなってしまいます。

【7月】

梅雨明けとともに初夏が訪れます。関西や関東ですと多くの魚の状態は主にポストスポーニング(アフター)となります。地域やエリアによってはライブウェルの使用を開始する方も見られますが、先に書い八郎潟は春の訪れが遅い分、1か月程産卵の開始が遅いです。まだまだライブウェル使用はお控え頂きたい期間です。この期間は卵から生まれた稚魚(フライ)をオスが見守っている期間となります。この状態の魚をキャッチしてライブウェルに入れてしまうと生まれたばかりの稚魚たちを守るオスがいなくなり他の魚に食べられてしまう事が予測されます。

【ボートで釣りをされるアングラーさまへのお願い】

エンジョイフィッシング期間はシーズン中でもっとも魚をイージーキャッチしやすい期間でもあります。この期間は釣った魚をさ(食用でない魚を検量や記録の為に)持ち帰ったりせずに純粋に釣りを楽しんで頂きたいと考えています。キャッチした魚もはできるだけ早く湖に返してあげてください。湖上での写真撮影についても手短にお願いいたします。(キャッチからリリースまで30秒くらいで済ませてください。)末永く八郎潟で釣りを楽しんでもらう為のマナーと考え皆様に協力していただけるようお願いしております。

 

シェルターマリン

島村勝也

WEST SIDE 2022トーナメント9月開催/結果発表

【WEST SIDE 2022トーナメント9月結果発表】

2022年後半戦ラウンド2の9月トーナメントが無事に終了しました。参加頂きましたアングラーの皆さんお疲れさまでした。

2022年シーズンもそろそろ終わりが見えてきました。毎年の事ですがこの時期になると年間レース首位争いの様相が色濃く表れてきます。9月終了時点で1位、2位は昨年と同じアングラーで王者、菅原さんを目黒さんが僅差で追いかけるという状況です。3位につけている長谷川さんはラウンド#1のウエイトインがなかったのが残念です。ラウンド#1でウエイトインが記録されていれば間違いなく後半戦は3者によるデッドヒートが繰り広げれていたことでしょう。とはいっても残す最終開催の10月も何が起こるかはわかりません。最後まで目が離せないウエストサイドトーナメントとなっております。

9月開催は単月でトータル511,92gの魚がウエイトインされました。

以下、3位~1位の順番で発表させて頂きます。

3位

高橋哲也さん

4,512g(リミットメイク)

 

2位

長谷川一彦さん

4,826g(リミットメイク)

 

1位

菅原英剛さん

5,021g(リミットメイク)

 

【9月のビッグフィッシュ】

ビッグフィッシュ

長谷川一彦さん

2,389g

 

※1位から3位はアマゾンギフトカードの賞品が順位に応じて贈呈されます。次回マリーナへお越しの際にクラブハウスで受け取ってください。(1位アマゾンギフト券10000円、2位アマゾンギフト券5000円、3位アマゾンギフト券3000円)

※1位と2位は賞品贈呈の際に池田くんからインタビューがございますのでご協力ください。

それでは以下、9月開催のリザルトとなります。

WEST SIDE 2022 SEPTEMBER
NAME WEIGHT QTY TOTAL
田口雅雄 1389 g 1 1389 g
北嶋修一 2324 g 2 2324 g
菅原 英剛 5021 g 3 5021 g LM
石川聡志 1921 g 1 1921 g
目黒克 4018 g 3 4018 g LM
高橋悠 1414 g 1 1414 g
池田守 1385 g 1 1385 g
長谷川一彦 4826 g 3 4826 g LM BF 2389
高橋章倫 1432 g 1 1432 g
菊池辰也 1327 g 1 1327 g
瀬部大樹 3085 g 2 3085 g
渡部信之 2715 g 2 2715 g
武山大輔 1137 g 1 1137 g
前川慎一 3011 g 2 3011 g
加藤大貴 1178 g 1 1178 g
渡部慎之介 1697 g 1 1697 g
澤田健一 1879 g 1 1879 g
梁 芳洋 3973 g 3 3973 g LM
高橋哲也 4512 g 3 4512 g LM
佐藤一成 1650 g 1 1650 g
星野勝栄 1298 g 1 1298 g

続いて2022年開催9月終了までの総合獲得ポイントです。

WEST SIDE ONLY 2022
NAME 3月・4月 8月 9月 10月 総重量
菅原 英剛 5067 3887 5021 13975
目黒克 3342 5514 4018 12874
高橋雄太 2024 2024
池田守 2385 1385 3770
大川原賢 0
北嶋修一 3221 2551 2324 8096
田口雅雄 1742 1296 1389 4427
瀬部大樹 1522 3085 4607
藤井誠 0
白鳥稔一 1850 1850
牛村親伸 0
斎藤大樹 0
高橋章倫 1432 1432
加藤慶 0
鈴木将浩 0
菊池昴貴 0
杉原和将 2941 2941
石井純 0
西脇秀樹 0
竹村裕太 0
濱 恭平 0
清水辰徳 0
前川慎一 3011 3011
佐藤一成 1731 1650 3381
石川聡志 1921 1921
佐々木隼人 0
錦戸康太郎 0
武山大輔 2069 4250 1137 7456
高橋哲也 2033 4512 6545
小岩悠斗 0
片岸祥子 1582 1582
松岡公希 0
青木大 0
佐藤 亘 0
浅野洋一 0
畠山康太 0
鎌田大祐 0
百瀬淳一 0
多田湾 0
片岸健太 1344 1344
ひのゆうた 3086 2488 5574
島村勝也 1308 1308
佐藤勇気 0
小関佳太郎 4939 2324 7263
伊藤岬 0
工藤健太 0
川島卓史 2921 2921
武田有矢 0
丹野凌 0
佐藤香織 0
百瀬淳一 1697 1697
伊崎俊宏 1968 1968
梁 芳洋 2580 3973 6553
澤田健一 1335 2682 1879 5896
阿部祐 1960 1960
佐藤貴之 4349 4349
加藤大貴 2989 1470 1178 5637
鎌田今日子 1260 1260
福岡公希 1731 1731
江口雄偉 1763 1763
鹿内優人 2033 2033
小澤信太 4687 4687
長谷川一彦 5055 4826 9881
野中健太郎 1132 1132
福士昌幸 1357 1357
渡部慎之介 1790 1697 3487
佐藤雅洋 5121 5121
星野勝栄 2703 1298 4001
菅野寛 2791 2791
川上智靖 4182 4182
高橋悠 1414 1414
菊池辰也 1327 1327
渡部信之 2715 2715

参加頂いたアングラーの皆様お疲れ様でした。

引き続きWESTSIDE2022トーナメント10月開催【最終戦】となりますので皆様ご参加ください。

#westsideonly

#シェルターマリン

#八郎潟西部承水路

#westside2022

#ウエストサイドトーナメント

 

WEST SIDE ONLYトーナメントルールはコチラ↓

 

八郎潟西部承水路 2022年9月25日の釣果情報

三連休の最終日!秋晴れの気持ちの良い朝を迎えました!

前回の台風で、残暑を引きずっていた八郎潟でしたが、台風後は一気に冷え込み、朝晩は一桁台の気温の日もありました。水温も20度を下回りすっかり秋の装いで、毎年の事ながら30cm前後のバスは良く釣れますが、中々サイズアップが難しい季節です!

 

そんな状況ですが、なんとかかんとか皆さん良いバスをキャッチしていらっしゃいます!

 

まずは長谷川さん!

今年は50アップを5本以上キャッチしている長谷川さん!この日も53cmのビックバスをネコリグでキャッチしていらっしゃいました。なんとこのバス以上にデカイバスを掛けたそうですが、惜しくもネットイン間際でバラしてしまったそうです。

 

髙橋さんは・・・

全域の沈み物周りを丁寧に丁寧に釣り込んで、このバスは五明光橋南の沈み物をネコリグで攻略していらっしゃいました!普段は桧原湖がメインの髙橋さんですが、八郎潟もエンジョイできたようで良かったです!

 

シェアフィッシングガイドサービスをご利用の前川さんは・・・

お得意のネコリグが炸裂!恒例のモーニング桟橋バスは、惜しくもミスバイトとなってしまったようですが、しっかりと日中に巻き返していらっしゃいました!

 

こちらはゴーウエストガイドサービスご利用のワタナベさん!

一見水質の悪いエリアで、岸際だけ水が生きているのに気付いて、そこにバズベイトを通してキャッチしたそうです!船舶免許を取得してメキメキとスキルアップしているワタナベさん!師匠を越えるべく頑張ってください!

 

今年は、かなり西部に通い込みましたねな澤田さん!

この日はジカリグの打撃でキャッチしていらっしゃいました!お仕事のご都合で、ぼちぼち八郎潟とはしばしお別れという澤田さん!澤田さんのいない週末は寂しくなりますねー。しかし、ビックベイターな澤田さんの季節はここからです!私は待っていますよ!

 

テンポの良い打撃の釣りに行き着いた加藤さんは・・・

とにかく打って打って撃ちまくる!秋の釣りを展開!割と着水と同時にバイトが多かったようで、とにかく手数で少しでも確率を上げていらっしゃいました!釣れたバスはザリガニを吐いたようで、加藤さんはテンションが上がっていました!意外と八郎潟では目視できないザリガニなのですが、見えないラインにはたくさんいるんですよね!

 

ゴリゴリドカンがやめられない星野さん!

クランクベイトがお得意な星野さんは、八郎潟の永遠に続くリップラップを巻いて巻いて巻き倒していらっしゃいました!風の吹き出しでは連発もあったそうで、イメージ通りの釣りが展開できたそうです!ちょっと間が開くと、また巻きたくなっちゃうんですよね笑!

 

バスにアオリイカにと大忙しの一成さん!

久々の八郎潟釣行でしたが、テキサスリグでサクッと釣って、夕方からはアオリイカ釣りへ旅立って行きました!秋の秋田をフル満喫コースですね!

 

安定の釣果な簗さんは・・・

ネコリグとビックベイトで、しっかりと40アップをリミットメイク!北から南へと走って良いエリア良いエリアをランガンした簗さん!素晴らしいゲーム展開でしたね!

 

西部を知り尽くす男!髙橋さん!

この日は、ノーシンカーリグで何にも無いところを狙うという、高橋さんならではの釣りで、マリーナ一番の釣果を叩き出していらっしゃいました!さすがの一言ですね!

 

さて、しばらくは過ごしやすく心地よい天候が続きそうですね!暑からず寒からず本当に良い季節ですので、是非八郎潟へお越しください!

【8月の八郎潟を釣る】佐藤さん3本5121gクランキング&スピナーベイトで!エリアと釣り方聞いてみた。

2022年8月のウェストサイドトーナメント準優勝の佐藤雅洋さん。ウェイトインされた時はこれで優勝は決まりと思った程です。 8月は魚のポジションも変わり水温も上がってスローダウンの釣が目立つシーズンなのですが佐藤さんはウエインした3本のうち朝と夕方にキャッチした魚はクランクベイトとスピナーベイト。しかも朝のクオリティフィッシュは2kgを超えていました。近年珍しく今年の8月はハイウエイトの検量が目立ち佐藤さん見事5121gで2nd Placeを見事獲得しました。今回の経験を活かしこの後も続く9月、10月にも期待したいアングラーの1人です。

#シェルターマリン

#八郎潟西部承水路

#ウエストサイドトーナメント8月開催

#公式ウエイトイン

#wolfishbotas

#佐藤雅洋

1 2 3 156