7月31日までライブウェルの使用はお控えください。

今年も【エンジョイフィッシング】期間が始まります!

期間:4月29日~7月31日まで

東北に位置する八郎潟では春の訪れが関西や関東に比べて1か月程遅いです。

春は魚の産卵のシーズンで八郎潟の魚たち保護の観点から4月29日~7月31日までの期間はライブウェルを使用をお控え頂くようお願いいたします。

期間中につきましてはシェルターマリンのレンタルボートのライブウェルは使えません。マイボートで釣りをされるアングラーの方はキャッチした魚をライブウェルに入れる行為を自粛して頂くようお願いいたします。

なんで?とお考えのアングラーさまもいらしゃると思いますので八郎潟における魚たちの産卵についてご説明させて頂きます。

【5月】

春の訪れが遅い八郎潟では毎年5月くらいから本格的なスポーニングシーズン(産卵期)に入ります。

この期間中は産卵床(スポーニングベッド)が浅瀬を中心にでき始めます。この時期にキャッチした魚を持ち帰ってしまうとせっかく産卵に入る、もしくは入りかけている個体の産卵を阻害してしまいます。

【6月】

この期間について異論を唱える方は少ないと思います。いわゆるミッドスポーンの期間にあたり魚はペアリングした後、産卵床(スポーニングベッド)で産卵をしてオスがベッドで卵を守っている様態となります。この期間にキャッチした魚をライブウェルにいれてしまうと卵を守る行為ができずせっかく産卵した卵が死卵になってしまったり他の魚に食べられてしまうリスクが非常に高くなってしまいます。

【7月】

梅雨明けとともに初夏が訪れます。関西や関東ですと多くの魚の状態は主にポストスポーニング(アフター)となります。地域やエリアによってはライブウェルの使用を開始する方も見られますが、先に書い八郎潟は春の訪れが遅い分、1か月程産卵の開始が遅いです。まだまだライブウェル使用はお控え頂きたい期間です。この期間は卵から生まれた稚魚(フライ)をオスが見守っている期間となります。この状態の魚をキャッチしてライブウェルに入れてしまうと生まれたばかりの稚魚たちを守るオスがいなくなり他の魚に食べられてしまう事が予測されます。

【ボートで釣りをされるアングラーさまへのお願い】

エンジョイフィッシング期間はシーズン中でもっとも魚をイージーキャッチしやすい期間でもあります。この期間は釣った魚をさ(食用でない魚を検量や記録の為に)持ち帰ったりせずに純粋に釣りを楽しんで頂きたいと考えています。キャッチした魚もはできるだけ早く湖に返してあげてください。湖上での写真撮影についても手短にお願いいたします。(キャッチからリリースまで30秒くらいで済ませてください。)末永く八郎潟で釣りを楽しんでもらう為のマナーと考え皆様に協力していただけるようお願いしております。

 

シェルターマリン

島村勝也

八郎潟西部承水路 2022年5月17日の釣果情報

代掻きによるまっ茶っ茶〜は、引き続き継続中ですが…

ピークは過ぎたかな?って感じですかね。エリアによっては岸から数メーター丸見え!なんてエリアもあるようです。

 

まだアシ中にはバスは薄く、手前で釣っている方が多いですが、いつ皆様の大好きな打撃月間に突入してもおかしくは無い状況ですよ!

 

そんな状況ですので、まあまあ釣れ方は巻いたり打ったりと、ゴチャゴチャ系ですが、キャッチ率も大分上がり、この先しばらくは安定した釣果が望めそうですね!

 

レンタルボートご利用の田島さんは…

今季一番で数をつっていらっしゃいました!中流域の水がクリアな場所で濁りの境目をクランクベイトやスイムジグで攻略!気持ち良く今回の八郎遠征を締めくくれたのでは無いでしょうか!またお待ちしておりますよ!

 

釣り三昧目黒さんは…

毎年ゴールデンウィークは欠かさず八郎にお越しになっていた目黒さんもお孫さんの可愛さには勝てなかったようで、ゴールデンウィーク後の八郎潟釣行となりました!思いの外季節の進行が進んでいなかったようで、苦戦していらっしゃいましたが、クランクベイトでしっかりと釣っていらっしゃいました!

 

長い長いスランプ期間でしたね!片岸さんは…

ついに脱却の一本をキャッチしていらっしゃいました!ここからは片岸さんが、ずば抜けて釣る季節です!更なる釣果に期待しておりますよ!

 

連休前振りの釣行となった島村さんは・・・

パラアシの手前を打撃で攻略!季節先取り系の丁寧なアプローチが釣果に結びついたようです!

 

週末大忙しのシェアフィッシングガイドサービス艇は…

バスボートのメリットを最大限に活かして、春の厳しい天候にも負けず、良い釣りをしていらっしゃいます!レンタルボートでパッと来てパッと釣るのも中々難しい事も多いですので、是非ご利用してみてください!

 

週間天気予報を見ると比較的安定した天候が続きそうですね!日に日にアシの中が賑やかになっていきそうですよー!

 

 

八郎潟西部承水路 2022年5月10日の釣果情報

駆け巡るようにゴールデンウィークは過ぎ去り、平常運転の八郎潟西部承水路でございます。

今年の連休は前半はキツい冷え込みと爆風・・・かと思えば、初夏の陽気になってみたりと、なかなか波乱のゴールデンウィークとなりました!目まぐるしく変わる状況に決め手が無く、アジャストしていくのが中々難しかったのですが、季節の変わり目!これぞハチローの春!ではないでしょうか?

 

連休後半から代掻きの、濁りもぼちぼち入ってきていますし、アシの中は鯉のハタキが真っ盛りですが、もう少ししてこれらが落ち着くと、しばらくはエンジョイ打撃月間という感じですかね!

アシも長すぎず!短すぎず!打ちやすく、ちょうど良い感じに仕上がってきていますよ!

 

さて、そんな状況ではございましたが、みなさん春らしいグッドなバスを釣っていらっしゃいますよ!

まずは、福本さん鈴木さん!

初日から爆風に負けず出船していった福本さん鈴木さん!巡り巡る状況に、手を変え品を替えで、スローな打撃から、巻物までさまざまな釣りで楽しんでいらっしゃいました!長年ハチローに通い込んでいるお二人!爆風なりのプランニングもお見事でございました!

 

今年はチャターベイトを使いこなしまくっている清水さん!

この日も、ステージングエリアになるであろう張り出しの周りでタイミングを見計らい連発させていらっしゃいました!中々難しい類の釣りですが、さすがローカルアングラーですね!

 

今年から駐艇メンバーの星野さん!

八郎潟の魅力にどっぷりと浸かっている星野さん!中々ファーストフィッシュまで苦戦した星野さんですが、確実に自信を持ってできるエリアを広げていらっしゃいます!さまざまな表情を見せる八郎潟!通年を通して八郎潟を楽しんでみて下さいね!

 

いつ何時オカッパリでの朝練を欠かさないkecxxxさんは・・・

ボートでもしっかりとバスをキャッチしていらっしゃいました!通年を通して難しいタイミングでもあっさりと釣ってくるkecxxxさん!さすがでございます!

 

今年の出船率ナンバーワン!?加藤さんは・・・

この日は、南風をブロックするような北のエリアをネコリグで攻略!加藤さんの操るネコリグには、どんなバスもイチコロですね!

 

バスフィッシングが久々という前田さんはシェアフィッシングガイドサービスで出船!

まずは、キャストのリハビリからっと仰っていた前田さんでしたが、しっかりと打撃で良いバスをキャッチしていらっしゃいました!久々のハチローバスはいかがだったでしょうか?

 

シェアフィッシングガイドサービス北嶋さんは・・・

やってくれました・・・55cm!2kgばかり余裕の振り切り・・・!今の所2022年シェルターマリンのレコードフィッシュですね!みなさん!とっとと抜いちゃいましょう笑!いやぁお見事でした!ちくしょー!

 

そんな感じで、天候も穏やかな日も多くなり、本格的なシーズンがスタートですね!八郎潟のハイシーズンは他のフィールドに比べて短いですので、思いっきり楽しんでいきましょう!

 

 

八郎潟西部承水路の危険エリアにマーカーを設置しました。

【八郎潟西部承水路の危険エリア】

https://sheltermarine.jp/guide-map/

西部のバミューダトライアングルといっても過言ではない航行要注意エリアにマーカーを設置しました。

五明光橋の北に位置するエリアです。

以下のマップで確認してください。

マークがシェルターマリンです。

五明光橋の先にある→でポイントしているエリアす。

赤いサークルのエリアです。

このエリアをボートで通過する際は十分気を付けてください。水深が30センチくらいの箇所が在ったり水面に出ていない杭が入っているエリアです。このエリアは必ずボートをプレーニングさせて通過してください。(可能であれば全開走行が好ましいです)間違ってもデットスローでの走行やトローリングモーターを下して釣りをする行為は絶対にしないようにお願いします。これまでに多くのボートがこのエリアで座礁しております。

また、エリア通過直後、右側に水門があります。この水門からキャストをして釣りをしている方もおりますので走行には十分注意してください。

ルアーフィッシングだけではなく、春~夏にかけてはロングキャストして仕掛けをステイさせている鯉釣りのアングラーや秋~冬にかけてはワカサギを釣るアングラーもおります。

①当マリーナから走行して右側に黄色いマーカーブイを数か所航路の沿って設置しました。

 

②当マリーナから走行して左側にピンクのマーカーテープをかけたガイドを数か所航路の沿って設置しました。

 

↑③左側のピンクのガイドと右側の黄色いガイドの中央をボートで走行してください。

 

【重要】

八郎潟西部承水路でボートフィッシングをするアングラーはマナー、航行ルールを守って頂くようお願いいたします。

 

【八郎潟西部承水路危険エリアガイドマップ】はこちら↓

https://sheltermarine.jp/guide-map/

 

 

1 2 3 146