八郎潟西部承水路 危険エリアマップ

お客様に安全にご利用いただくために危険エリアのマップを作成しました。
水路は大雨強風による影響や水位の上下、または浮遊物や蓄積物等、常に変化をしています。
したがって、危険エリアマップが示す箇所はあくまで参考程度にとどめ、航行中、停留中をとわず、前方だけでなく常に全周を見渡し、魚探の示す水深、他船や陸の釣り人の有無、進路上の浮遊物等の有無など、目視による注意を常時怠らないようにしてください。
近年では、浅瀬に乗り上げてレスキューを行うケースが増えています。ご注意ください。

八郎潟西部承水路の危険エリアマップ
・マップ上の赤いエリアは極端に浅くなっているので立ち入り禁止エリアです。
・マップ上の黄色い線は航路です。
・橋を下をくぐる場合はデッドスロー
・南部は水深が浅いエリアが多いので半面を禁止エリアにしています。

■スマートフォンで利用される場合(GPS機能で現在位置表示)

スマートフォンで危険エリアマップを表示させると、マップ上に現在地を表示させることができます。

(1)事前にGoogle Mapsアプリをインストールし、Googleアカウントでログインしておきます。
(インストールされていない場合は以下から入手してください)
Google Play で手に入れようAppStoreで入手

(2)以下のボタンをクリックしてください。Google Mapsアプリが起動し、危険エリアマップ上に現在地が表示されます。


八郎潟西部承水路 危険エリアマップ

↑クリック

 

<危険エリアマップ(スマホ表示)がうまく機能しない場合>

・Google Mapsアプリをインストールしてください。iphoneにあらかじめインストールされている地図アプリでは機能しません。

・「地図が開けません」と出る場合はGoogleアカウントにログインできているか確認してください。

・現在位置が表示されない場合は、GPS機能をONにしてください。(以下参照)

  • 【iOS】:設定 > Google Maps > 位置情報 で「常に許可」にする
  • 【Android】:設定 >「セキュリティと現在地情報」もしくは「ロック画面とセキュリティ」> 位置情報 で「オン」にする

・GPSの精度には誤差があります。大まかな現在地の確認程度でご利用ください。
・スマートホンのバッテリー消耗にご注意ください。