スタッフブログバス釣り遠征

バス釣り遠征中!檜原湖の白鳥プロと1日遊びました

本年度から当マリーナでスポンサードすることになった檜原湖の白鳥プロ。(しろとり)プロが正しい発音です。

その白鳥プロのホームレイク檜原湖で1日遊んでしまいました。

今回はマイボートの準備が間に合わなかったという事もあり白鳥プロにガイドをお願いしました。

『スワンフィッシングガイドサービス』

おなじみアブガルシアのラッピングボートが早稲沢浜キャンプ場で出迎えてくれます。

※早稲沢浜キャンプ場の詳細についてはコチラ↓

http://wasezawa-camp.info/

私がいうのもなんですがやっぱ檜原湖は楽しいですね!リゾート気分で遊べるしナショナルパーク内にある檜原湖は最高に魚が釣れるフィールド。魚影は濃く湖の規模もちょうどいい感じです。八郎潟でいえば西部承水路的なサイズ感であると感じます。そんな私にとっての超ハッピーフィールドで当マリーナでサポートもしている白鳥プロのガイドを利用しての釣行、楽しくないハズがないですよね。

白鳥プロのガイドメニューはどれも洗練された内容でいくつかのシーズナルパターンの中からその日の天候やゲストのリクエスト、スキルに合わせてメニューが用意されます。私が遊んだ日はボトムと表層という2つのレンジを2種類のリグで攻略していくというメニュー。訪れたエリアのすべてでバイトがあり白鳥プロのアドバイスを受けながら今の檜原湖に自分の釣りをアジャストしてゆきます。今回はネコリグと虫で数多くの魚をキャッチすることができました。

 

ここからは白鳥プロのスワンフィッシングガイドサービスのご案内。檜原湖で遊ぶ日程が決まったらスワンフィシングガイドサービスのウェブサイトから予約をします。『スワンフィッシングガイドサービス』

私は今回1名で乗船しての1日コース、ガイドタイムは午前7時から午後5時までガイド料金は32000円でした。この他ガイドフィーとは別に檜原湖の遊漁券1日用1000円(年券の場合は12000円)と駐車場代1日分1500円を受け付けで支払います。ロッド、タックルは檜原湖用のがあればそれを。持ってなければ白鳥プロが貸してくれます。とても洗練された釣りなので自分のタックルがマッチしない場合も考えられます、ゲーム開始前、白鳥プロに自分のタックルをチェックしてもらってからスタートすることをお薦めします。お昼は檜原湖名物の山塩ラーメンのお店につれて行ってくれました。

東北屈指の超ハッピーフィールド檜原湖で1日遊んでみるのもいいですよ!

そして東北の皆さん、八郎潟の皆さん白鳥プロの応援をよろしくお願いします!

シェルターマリン
島村勝也

☆白鳥プロ「スワンフィッシングガイドサービス」八郎潟版の詳細はコチラ↓

https://sheltermarine.jp/swan-guide-service/

 

「いいね!」で
最新情報をお届け!