カスタムボートプロジェクトスタッフブログ

カスタムボートプロジェクト#26

カスタムボートプロジェクト♯26

シーニンフ14k改めwolfishboats14kのカスタム作業のご報告です。

ここまでの作業内容はコチラから↓

カスタムボートプロジェクト#24

今季は5艇のカスタムボート製作を同時進行中です。

その中の1艇、カスタムボートプロジェクト♯24でご報告したをwolfishboats14k のカスタム作業が更に進んでおります。

今回はフロアフレームの作業やカスタムパーツの取り付け作業のご報告です。

前回のブログでご報告のとおり塗装作業が終わった14k、次はアルミのスペースフレームを組んでゆきます。この段階でボートのデッキレイアウトが決まります。

14フィートの長さがあるボートなので真ん中の浮力体前方にストレージを配置します。もちろんケースもFRPで専用仕様で製作しております。

ボート前方のレイアウトはこんな感じ。リセストレイもオリジナルFRP専用パーツです。

後方はこんなレイアウトです。見えない部分なのですがwolfishboatsはダブルフロア構造で製作してます。フロアパネル下のアルミフレームだけではなく縦にもアルミフレームを組んでさらにその下にもう1つのアンダーフレームを入れて立体的なスペースフレーム構造となってます。こうすることでボート自体の剛性がかなり上がります。

こうしてプラットホームとなるスペースフレームが組みあがったところで前でのストレージの前方にライブウェルのタンクをフィットさせます。今回はステンレス製のタンクを採用しました。

マニアックな部分ですがタンクとボートのハルのクリアランスはこんな風になってます。スルハルがアルミボディーに干渉してないことを確認しながらインストールしてゆきます。

そしてこの14Kのハイライトの一つでもあるボブスマシンのジャックプレート、これは特注品でアメリカ本国のボブズマシンでブラックカラーのパーツを特別に作ってもらいました。

トランサムにジャックプレートを取り付ける作業に入るところで今回のご報告はここまで。

この14Kはかなり気合の入ったカスタムボートでカッコいいボートに仕上がる予定ですので

お楽しみに!

 

 

 

 

「いいね!」で
最新情報をお届け!